金井大旺、110メートル障害で日本歴代2位の13秒34「自己ベストを更新して気持ち良くシーズンインできた」

 陸上男子110メートル障害で18年日本選手権王者の金井大旺(24)=ミズノ=が2日、法大記録会(東京・法大多摩校地陸上競技場)で日本歴代単独2位となる13秒34(追い風0・3メートル)をマークした。

 従来の自己記録を0秒02更新。来季に出せば東京五輪代表に近づく参加標準記録(13秒32)までも、0秒02差に迫った。所属を通じ「自己ベストを更新して気持ち良くシーズンインできた。五輪は延期になってしまったが、その期間を自分と向き合う時間にあてて来年に向けて備えたい」と手応えを口にした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請