【ソフトバンク】1軍は3日以降もチーム活動を継続 ファームは当面休止

新型コロナウイルスに感染したソフトバンク・長谷川
新型コロナウイルスに感染したソフトバンク・長谷川

 ソフトバンクの三笠杉彦GM(46)が2日、オンラインで会見した。1日に判明した長谷川勇也外野手(35)の新型コロナウイルス感染を受け、ペイペイDとタマスタ筑後に分かれて監督、選手、スタッフら約200人のPCR検査を実施したと発表。この日のうちにペイペイドーム、ファーム施設の消毒も行った。

 2日の西武戦(ペイペイD)は中止。その要因は1軍に帯同する若手選手らが、長谷川が練習していたファーム施設内の寮で生活し、ペイペイDと行き来していることにもあった。そのためチーム全体に先行し、1日夜に寮生ら7人の検査を実施。この日、陰性判定を受けたことから、現時点で1軍監督、選手らにファーム施設を経由した新型コロナ感染の可能性はないと判断した。今後もチーム活動を継続し、4日からの楽天戦(楽天生命)に向けて3日に仙台に移動する。移動開始までには、全体のPCR検査の結果が判明する予定になっている。

 ファームに関しては、全員の結果が出るまで活動休止。4日のウエスタン・リーグ広島戦(由宇)の開催は、移動を伴うため両球団で協議し、現時点では開催は難しいとの判断に至っているという。また、ファーム組に、この日の検査前に発熱、体調不良を訴えた選手が1人おり、その選手は寮内で隔離措置が取られている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請