【中日】先発・梅津晃大が冷静に重盗阻止 ヤクルトの奇襲かわす

5回、本塁突入を狙うも憤死するヤクルト・山崎(捕手・木下)
5回、本塁突入を狙うも憤死するヤクルト・山崎(捕手・木下)

◆JERAセ・リーグ 中日―ヤクルト(2日・ナゴヤドーム)

 中日がヤクルトの奇襲を冷静にかわした。0―0の5回2死一、三塁で打者は9番の投手・山中。中日・梅津晃大投手(23)がセットポジションに入った直後に一塁走者・西田がスタートした。梅津がプレートを外して走者を目で追ったのを見計らい、今度は三塁走者の山崎が本塁へ突入。しかし、梅津は「ホーム!」という内野陣の声に反応して冷静に捕手・木下拓へ送球し、山崎をタッチアウトにして重盗を阻止した。

 若き右腕の冷静な振る舞いに、スタンドからは拍手があふれた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請