【巨人】桜井俊貴が自己最短となる3回途中5失点で降板…初回に鈴木誠の2ランなど7安打許す

2回無死満塁、西川龍馬に右前適時打を浴びた桜井俊貴(右は坂倉将吾)
2回無死満塁、西川龍馬に右前適時打を浴びた桜井俊貴(右は坂倉将吾)

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―広島(2日・東京D)

 巨人の桜井俊貴投手(26)が先発するも、自己最短となる3回途中7安打5失点で降板した。

 初回2死一塁から4番・鈴木誠に先制2ランを被弾。2回は二塁打と四球で一、二塁になると、続く遠藤の送りバントの打球を桜井自ら捕球。三塁に送るも判定はセーフ。犠打野選で無死満塁のピンチを背負った。続く西川に右前適時打を浴びて1点を失うも、後続は打ち取り最少失点に抑えた。

 3回も1死から連打で二、三塁と得点圏に走者を背負ったところで2番手・大江がマウンドへ向かった。だが、2死から遠藤に2点適時打を浴びて5失点となった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請