【大阪】履正社はプロ注目の小深田大地の活躍で3回戦突破「相手が(大阪)桐蔭でもコールドで勝ちたい」

3回1死二塁で中前に適時打を放った履正社・小深田大地
3回1死二塁で中前に適時打を放った履正社・小深田大地

◆高校野球代替大会 ▽大阪3回戦 履正社8―0四條畷=7回コールド=(大阪市南港中央)

 甲子園の交流試合で15日に星稜(石川)と対戦することが決まっている履正社は、プロ注目の小深田大地三塁手や関本勇輔捕手(ともに3年)の活躍で7回コールド勝ちを収めた。

 小深田は3回1死二塁で中前に適時打を放つなど1打数1安打2打点2四球だった。「全打席出塁が目標です」と次戦へ向けて意気込んだ。視察に訪れたオリックスの乾スカウトは「少ないチャンスの中でも結果を出しているところは素晴らしい」と評価した。

 同じくプロ注目で元阪神内野手の関本賢太郎氏の長男、勇輔捕手は父が応援に訪れる中、6回2死二塁で8点目となる右越えの適時二塁打を放ち4打数1安打1打点。「今日は打つタイミングが早く、打席の中で修正できなかった。(次戦まで)1日あるので練習して臨みたい」と反省した。

 大阪の代替大会は準決勝で打ち切られることを受け、小深田は「勝ちきって終わりたい。大阪桐蔭と当たっても圧倒してコールド勝ちしたい」と闘志を燃やした。関本も「(大阪)桐蔭を倒すとチーム全員で思ってやっている」と対戦を熱望した。

代替大会の結果

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請