【浦和】レオナルド、自身初J1の今季は公式戦8試合6発! 3年連続得点王へ「あと19点取る」

浦和FWレオナルド
浦和FWレオナルド

◇明治安田生命J1リーグ▽第8節 浦和1―1清水(1日・埼玉スタジアム)

 浦和のFWレオナルド(23)がホーム・清水戦で2試合連続ゴールを決めた。エースFW興梠が前節・横浜C戦(2〇0)で腰を打撲して欠場する中、もう1人のエースが存在感を見せつけた。

 0―0の後半9分、右サイドの関根のスローインを受けたレオナルドがパスのこぼれ球を自ら奪い、ゴール前で巧みな切り返しでDFをかわして右足でゴール左隅へ先制点。「ペナルティーエリア内の狭いスペースで早い良い判断ができた」と今季4得点目を喜んだ。

 J2新潟から新加入した今季は公式戦9試合のうち8試合に出場し、6ゴール1アシストと好調。自身初のJ1で上々の結果を残しており「自分のパフォーマンスに今のところは満足している」と自画自賛した。

 8月に入ったこの日、関東地方の梅雨明けが発表された。18年の来日後、夏にゴールを量産してきたレオナルドは「梅雨が嫌になっていたので、やっと明けてうれしい。夏になる前にも点を取ってきたが、これからは1試合で2点、3点を取っていきたい」と満面の笑みを浮かべた。

 18年のJ3(鳥取、24点)、昨年のJ2(新潟、28点)に続く史上初の3カテゴリーでの得点王を狙う。今季は23得点を目標に掲げており「あと19点取りたい」とさらなるゴール量産を宣言した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請