【巨人】石川慎吾、ファーム合流で即2本塁打…早期の1軍再昇格へ最高のアピール

7回、2本目の本塁打を放った石川慎吾
7回、2本目の本塁打を放った石川慎吾

◆イースタン・リーグ 巨人4―13西武(1日・ジャイアンツ)

 巨人の石川慎吾外野手(27)が1日、イースタン・西武戦(G球場)で2本塁打を放った。この日、1軍登録を抹消となりファームに合流。「3番・右翼」で先発出場し、すぐに結果を残した。

 1点を先制された直後の初回。1死三塁から西武先発・浜屋の2球目を豪快に引っ張り、左翼フェンス先のネットに当てる一時逆転の2ラン。「良い感触でした。取られた後にすぐ返せて良かったです」。7回の第4打席では相内の初球145キロをフルスイング。バックスクリーン直撃の2号ソロに「打てて良かったです」とコメントした。ベンチから感嘆の声が上がるほど完璧な打球だった。

 ここまで1軍で22試合に出場し、打率2割7分3厘、1本塁打、6打点。主に右の代打としてベンチ待機していたが、ここ数試合はチャンスで凡退していた。早期の1軍再昇格へ、最高のアピールとなった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請