【掛布論】大山悠輔よ真の4番へ「我慢」覚えろ

8回1死三塁、空振り三振に倒れた大山悠輔
8回1死三塁、空振り三振に倒れた大山悠輔

◆JERAセ・リーグ 阪神3―7DeNA(1日・甲子園)

 阪神が勝負の8月を乗り越えるため、大山には「我慢」を覚えて、4番打者の階段をもう一つ上がらないといけない。3点を追う8回1死三塁。フルカウントの10球目、高めのボールを空振り三振した。あの場面は強引に一発を狙うより、四球でボーアにつなげば、DeNAが浮き足立っていた。4番はホームランでなく、四球でもチームを引っ張れるのだ。

 大山は昨季までも初球から積極的に振りにいくタイプだった。だが、今季は同じ早い仕掛けでも、内容は「追い込まれる前に振る」から「自分から主導権を握りにいく」と変わり、成長を感じる。だからこそ、今後は「打つべき球の見極め」という打者として一番難しい技術を磨いてほしい。相手バッテリーも初球から勝負球を投げるなど、攻め方が変わってきた。

 4点を追う8回無死一塁、近本がランエンドヒットを成功させて、一、三塁と好機を広げた。セオリーでは考えられない作戦だった。大山が仕事を果たして、同点に追いついていれば、奇襲として意味のあるものになったのだが。(阪神レジェンド・テラー、スポーツ報知評論家)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請