朝乃山、照強の奇襲にやられた…自力V消滅3敗も勝って巴戦待つ

照強(右)に足取りで敗れた朝乃山(カメラ・清水 武)
照強(右)に足取りで敗れた朝乃山(カメラ・清水 武)

◆大相撲七月場所14日目 〇照強(足取り)朝乃山●(1日・両国国技館)

 勝てば30場所ぶり復活Vを引き寄せていた1敗の幕尻・照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=は、3敗の関脇・正代(28)=時津風=に寄り切られて足踏みした。1差で追っていた新大関・朝乃山(26)=高砂=も、結びで平幕の照強(25)=伊勢ケ浜=に足取りで敗れて共倒れする大波乱。千秋楽は3敗を守った関脇・御嶽海(27)=出羽海=も含めた4人に賜杯を抱く権利がある。照ノ富士は2日の御嶽海戦に勝てば自力Vだが、負けると1994年春場所以来となる3人による優勝決定ともえ戦となる。

 新大関が足をすくわれた。前日の直接対決に敗れて自力Vが消滅した朝乃山は、照強と十両時代以来、約3年半ぶりの一番。策士の小兵との立ち合いは、十分に警戒していたはずだった。照強が視界から消え、踏み出した左足を取られると、力なく背中を土俵につけた。わずか1秒7。連敗のショックを隠し切れず、2日続けて報道陣のリモート取材には応じなかった。

 取組前に目の前で単独首位の照ノ富士が敗れ、新大関Vに光明が差し込んだところでの手痛い黒星だった。藤島審判長(元大関・武双山)は「何するか分からない相手。もっとじっくりと見ないと」。八角理事長(元横綱・北勝海)も「(足取りは)頭にあったかもしれないが、集中が散漫だった」と批評した。

 だが、これで諦める新大関ではない。千秋楽結びの一番は過去3勝3敗の正代戦。優勝決定のともえ戦に持ち込めば、相手は照ノ富士、御嶽海。今場所負けている2人に雪辱を果たし、昭和以降7人目の新大関Vへ―。今場所前から周囲に「優勝」と、覚悟の二文字を口にしていた新大関は、出場番付最高位としての意地を見せる。(竹内 夏紀)

取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請