【西東京】早実のヨシノブが1号!…父がG党・中原由信「フルスイングしました」

4回2死満塁、中前に2点適時打を放つ早実の中原
4回2死満塁、中前に2点適時打を放つ早実の中原

◆高校野球 西東京代替大会 ▽4回戦 早実7―0明大中野八王子=7回コールド=(ネッツ多摩昭島)

 西東京では早実が明大中野八王子を7回コールドで下し、8強入り。

 きれいな放物線を描いた打球が右翼席で弾んだ。5点リードの6回無死。早実の6番・中原由信遊撃手(3年)が公式戦初アーチ。「強い打球を打つことを意識して、初球からストレートに張ってフルスイングしました。あと2点欲しかったので打てて良かったです」。この回もう1点を加え、7回で試合を終わらせた。

 長いトンネルを抜けた。今大会が自身初の公式戦。初戦から3試合連続スタメン出場も11打席ノーヒット。まじめな性格が災いし、本来の力を発揮できずにいた。4試合目でようやく緊張もほぐれ、4回には均衡を破る先制の2点適時打を中前へ。「1本出て、自分自身でもきょうは調子がいいと言い聞かせました」と、その後の快音につなげた。

 ワセダのヨシノブだ。父・信博さんが熱烈なG党で、「由信」の名は巨人・高橋由伸前監督と父から「信」の字を取ってつけられた。「由伸さんは1本欲しい時に必ず打ってくれる選手。目標にしてます」と中原。この日は2安打3打点の活躍を見せたが「まだまだです。もっと近づきたいです」とさらなる活躍を狙う。

 「ここから先は強豪校ばかり。きょうみたいに打ちたいです」。注目の4番・清宮は犠飛で1打点も無安打だったが、前後を固める3年生が2年生スラッガーを支える。(片岡 泰彦)

全国の試合結果

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請