杏、東出昌大 離婚後も育児面で「協力しあう」3人の子供の親権は杏に 連名ファクスで「今後は親として成長し、協力しあう関係を築いていきたい」

東出昌大、杏
東出昌大、杏

 俳優の東出昌大(32)と女優の杏(34)が1日、離婚したことを発表した。報道各社へ送付したファクスで「この度、私たち夫婦は離婚いたしましたことをここにご報告させていただきます」と記した。東出の不貞行為がきっかけで亀裂が入り、半年の別居期間を経て、離婚に合意。関係者によると、双子の長女(4)と次女(4)、長男(2)の3人の子供の親権は杏が持つという。

 2人は署名部分が直筆の連名で離婚を報告。「今後は子供たちの親として成長し、協力しあう関係を築いていきたいと思います。多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけしてしましたが、どうぞ温かく見守っていただけますと幸いです」とした。夫婦関係は破綻したが、育児面では引き続きサポートし合うとした。

 東出が映画「寝ても覚めても」(18年)で共演した女優の唐田えりか(22)と不倫。杏が関係解消を求めた後も東出と唐田が密会を約束していたことが発覚。1月上旬に家族が暮らす都内の一戸建てから東出が飛び出す形で別居がスタートし、週刊文春の報道で不倫騒動が明るみとなった。

 東出は3月に映画のイベントに出席。「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか」という質問に対し「私の心の内を話し、それを妻がテレビを見て(知る)ということは必ず傷つけてしまう」とコメント。さらに、知人を交えて杏と話し合いの場を設けたと明かしていたが、杏側は「会っただけで話し合ってはいない」と、認識のズレが生じていた。最後は弁護士を通してやり取りをし、5年半の夫婦生活にピリオドを打った。

 杏は日本語版吹き替え声優を担当する映画「アダムス・ファミリー」(9月25日公開)が控える。一方、東出は出演映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が公開されたばかり。さらに今秋にも2作の映画公開が控えている。心機一転、互いに新たなスタートを切る。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請