U―19日本代表候補合宿、参加選手1人が新型コロナ陽性反応で中止 当該選手との濃厚接触者はなし

日本サッカー協会・反町康治技術委員長
日本サッカー協会・反町康治技術委員長

 日本サッカー協会は1日、U―19日本代表の候補選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため、同日から5日まで千葉県内で予定していた強化合宿を中止することを発表した。

 同協会の反町康治技術委員長が同日夜にオンラインで緊急会見。具体的な選手名については「このカテゴリーは大学生もいる。クラブに所属している選手もいる。ここではコメントすることはできない」とし、検査を受けた人数なども明かさなかった。

 この日午前10時頃、宿舎ホテルに集合した全選手・スタッフに対して実施したスマートアンプ法検査とPCR検査の結果、選手1人から新型コロナウイルスの陽性反応が示されたという。当該選手は2回、3回と検査を行い、いずれも陽性判定に。今後は保健所の指示に従って対応していくとした。

 参加選手は公共交通機関を使わず、タクシーなどで合宿地に集合。選手・スタッフの検体採取、食事は各自の部屋で行われた。当該選手以外の検査結果は全員陰性で、当該選手との濃厚接触者はいないことも保健所によって確認された。この日夕方から予定していた練習は行わず、参加選手は適切な方法で所属先に帰るという。

 今合宿には、横浜CのFW斉藤光毅(18)、鹿島のMF松村優太(19)ら26人を招集。5日間の合宿で、二部練習や練習試合などで強化を図る予定だった。同代表は来年のU―20W杯(インドネシア)出場をかけ、10月にU―19アジア選手権(ウズベキスタン)に臨む。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請