若村麻由美、自作の超巨大フェースシールド公開…「でかッ」「族車の風防みたい」など驚きの声

若村麻由美のインスタグラム(@mayumiwakamura_official)より
若村麻由美のインスタグラム(@mayumiwakamura_official)より
若村麻由美
若村麻由美

 女優の若村麻由美(53)が1日までに、着物を着た撮影でも安定する自作のフェースシールド試作版を公開した。

 若村は6月に「役者は本番中、マスクもフェースシールドも外さなければなりません。本番の直前まではガードしたいのですが、マスクは、蒸れてメイクが崩れてしまい、跡がつくので難しい。フェースシールドも、医療タイプやメガネタイプ、紐タイプでは、ヘアが乱れ、オデコや鼻に跡が付くので使えません。時代劇のカツラは構造上、耳にかける事すらできません」と指摘。「ヘアを乱さずメイクも崩さず、本番直前までフェースガードできるもの。市販のモノや手作りシールドを探しても使えるモノは見つかりませんでした」と指摘。そのため「無ければ作るしかない」と自作を決意。「デザイン構想はあるのですが固定の仕方に難航中」とつづり、条件は「(1)頭と顔に一切触れない(2)頭部ではなく首や肩で固定(聴診器の様に首か肩で取り外し可能に)(3)頭頂から胸元までガードする長いシールド(4)動いても安定」の4つを挙げていた。

 この日掲載した試作は4条件をクリアする超巨大なもの。若村は「新たな試作 続・着物にシールド コレが一番大型で安定感アリ」と着用感を記した。

 コメント欄では「でかッ」「族車の風防みたい」など、大きさに驚く声が相次いで寄せられていた。

若村麻由美のインスタグラム(@mayumiwakamura_official)より
若村麻由美
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請