【ソフトバンク】長谷川勇也が新型コロナウイルスに感染 2日の西武戦は中止に

ソフトバンク・長谷川勇也
ソフトバンク・長谷川勇也

 ソフトバンクは1日、長谷川勇也外野手(35)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。6月19日の開幕後、12球団の選手では初の感染者。この感染に伴い、2日に福岡ペイペイドームで予定されていた西武戦の中止もあわせて発表された。

 球団発表によると、長谷川は7月31日の就寝時に37・3度の微熱とのどの違和感があり、一夜明けのこの日朝にも37・2度の微熱が続いていたことから、病院で受診。PCR検査で午後3時に陽性の判定を受けた。現在は発熱の症状はないという。

 球団によると長谷川は7月29日~31日にかけ、ファーム施設のタマスタ筑後を利用。1軍選手、スタッフとの接触はなかったが、同施設を利用した1軍選手、スタッフを介しての感染拡大の可能性を否定できないため、2日の西武戦の中止が決まった。

 ここ数年、古傷の右足首痛に苦しんだ長谷川だったが、今季は5年ぶりに開幕スタメン。出場11試合すべてでクリーンアップを務め、打率2割9分7厘、0本塁打、1打点でチームを支えていた。13年に198安打で首位打者、最多安打を獲得したバットコントロールは健在だったが、7月7日に右脇腹筋挫傷で登録抹消。7月28日のウエスタン・リーグ、阪神戦(タマ筑後)で実戦復帰しており、3試合出場で6打数1安打1打点だった。

 ソフトバンクでは7月28日に、本拠地ペイペイドームとファーム施設のタマスタ筑後に勤務する福岡市内在住の60代男性従業員の新型コロナウイルス感染を発表している。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請