八村塁、チーム最多21点も痛い黒星 PO正念場「しっかりと勝ちたい」

八村塁(ロイター)
八村塁(ロイター)

◆NBA サンズ125―112ウィザーズ(31日、フロリダ州・ディズニー・ワールド・リゾート)

 新型コロナウイルスの影響による約4か月半の中断から再開したNBAは7月31日(日本時間1日)、フロリダ州のディズニー・ワールド・リゾートでリーグ戦が行われ、再開初戦を迎えたウィザーズの八村塁(22)はサンズ戦に先発出場。29分47秒プレーし、チーム最多21得点、8リバウンドを挙げた。チームは112―125で敗れた。グリズリーズはトレイルブレーザーズに延長の末135―140で競り負けた。ツーウェー契約を結ぶ渡辺雄太(25)は出場登録を外れた。

  • 東地区のPO争い
  • 東地区のPO争い

 八村にとって3月10日のニックス戦以来、143日ぶりの公式戦。「すごい張り切って入った」と気合十分でコートに立った。試合開始1分30秒過ぎ、フリースローを獲得し、初得点。直後には左45度からのミドルシュート、さらにオフェンスリバウンドからゴールを決め、開始2分半で6得点とエンジン全開だった。だがその後、1分間で2つのファウルを取られ、開始わずか3分半で一度、ベンチに下がった。

 自ら勢いを止めてしまい、「リズムも少し崩れてしまった」と悔やんだ。第2クオーター(Q)中盤から再び出場するも、ミスが目立ち本調子に戻らない。仲間のイシュ・スミスから「もっと強くやれ」と活を入れられた。後半から息を吹き返し、力強いドライブからレイアップシュート、ファウルをもらいながらシュートをねじこむなど、チーム最多21得点を挙げた。

 1試合平均30・5点とチームトップをマークしていたエースのビールと、同2位で15・4得点のベルタンス不在の中、攻撃の中心として数字は残し、ブルックス監督は「しっかりと持ち直した」とルーキーをねぎらったが、勝利に導くことはできず。「僕としてもスマートにできなかった。相手の方が気持ち的にも強く、負けてしまった」と反省の言葉を並べ、「チームが僕をすごい必要としている。改善し、プレーのアグレッシブさはなくさないようにしていきたい」と切り替えた。

 黒星発進でプレーオフ(PO)進出はさらに厳しい状況となった。次は2日(日本時間3日、午前3時開始)に同じ東地区で8位につけるネッツと戦う。9位のウィザーズにとっては大一番で「POに入るか入らないかの大事な一戦。しっかりと勝ちたい」。希望をつなぐ1勝をつかみ取る。

八村塁(ロイター)
東地区のPO争い
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請