【東京】準々決勝から1、2年生部員の保護者も観戦可能に

7月18日の岩倉・都三田戦。部員数が約10人の都三田側のスタンドには社会的距離をとった保護者の姿があるだけだった
7月18日の岩倉・都三田戦。部員数が約10人の都三田側のスタンドには社会的距離をとった保護者の姿があるだけだった

 東京都高野連は1日、東西の東京の独自大会について、準々決勝から(西は3日から、東は4日から)保護者の観戦に関する制限を緩和すると発表した。これまでは3年生部員の保護者のみ、部員1人につき保護者2人の観戦を認めていたが、1、2年生部員の保護者も部員1人につき保護者2人まで観戦可能とする。

 都高野連側は、使用球場が減り、試合運営にあたる人員の確保が可能となったほか、消毒箇所を増やすなど新型コロナウイルス観戦対策が充実できることなどを理由に挙げている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請