【広島】巨人戦5連敗で“デッドライン越え”の借金7 3回4失点の床田寛樹は2軍降格

3回4失点で浮かない表情を浮かべて降板する広島・床田
3回4失点で浮かない表情を浮かべて降板する広島・床田

◆JERAセ・リーグ 巨人11―3広島(1日・東京ドーム)

 広島は巨人戦5連敗で6カード連続勝ち越しなしとなり、借金は今季ワーストの7。過去9回の優勝年の借金は1979年の6が最大で“デッドライン”を越えた。

 初回2死から長野が左中間フェンス直撃の二塁打で出塁し、鈴木誠が「チャンスでうまく対応することができた」と田口のスライダーを左中間二塁打して幸先良く先制した。しかし、2回に同点とされ、3回無死一、二塁から丸のバントを処理した松山が一塁へ悪送球。勝ち越しを許すと、巨人戦今季初先発だった床田はさらにウィーラーの犠飛、中島の適時二塁打で失点して3回4失点で降板。3番手のケムナが2イニング目の6回に押し出し四球、岡本に満塁弾を浴びるなど6失点して勝敗が決まった。

 試合後、佐々岡監督は「(床田は)考えないといけない。立ち上がりがよくても、2回以降も気持ちでいかないと。打たれた球は甘いし、1球1球の集中力が足りない」と復調の兆しが見えない左腕の2軍降格を決めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請