【日本ハム】投打かみ合い接戦制す 栗山監督「しっかりやっていきます」

7回無失点で3勝目を挙げたバーヘイゲン(左)は栗山監督とエアタッチ
7回無失点で3勝目を挙げたバーヘイゲン(左)は栗山監督とエアタッチ

◆パ・リーグ 日本ハム3―1オリックス(1日・札幌ドーム)

 日本ハムは接戦を制し、オリックスとの5連戦で4勝1敗と大きく勝ち越した。

 先発のバーヘイゲンは、最速150キロ後半の直球を軸にコースを丁寧に突く投球で、7回無失点の好投。打線は田嶋の前に5回まで無得点に封じられたが、6回2死満塁から渡辺の左前適時打、続く横尾の押し出し死球で2点を先取。1点差に迫られた8回には、主砲・中田の13号ソロが飛び出して逃げ切った。

 バーヘイゲンはチームトップタイの3勝目。今カードは先発投手陣の好投もあり、大きく勝ち越した。最大6あった借金も2まで減少。4日からの西武6連戦(札幌D)へ向けて栗山監督は「もう1週間しっかりとやらないと意味がない。しっかりやっていきます」と切り替えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請