【西武】5試合連続2ケタ三振で今季4度目の完封負け 辻監督「三振でいいとか1ミリも思ってない」

7回2死、中村剛也が空振り三振に倒れる
7回2死、中村剛也が空振り三振に倒れる

◆ソフトバンク4―0西武(1日・ペイペイドーム)

 西武がソフトバンク・石川に1安打13三振と苦しみ、今季4度目の完封負けを喫した。

 5回まで無安打で、6回にスパンジェンバーグの右前打で無安打無得点は回避したが、二塁にランナーを進めたのは1度だけで、自慢の強力打線は沈黙した。スパンジェンバーグは「石川投手は彼のリズムで投げることができていたのがよかった。変化球できちんとストライクも取れていた」と肩を落とした。

 これで5試合連続の2ケタ三振で、この間65三振。カーブやフォークの変化球に対応しきれなかった打陣に、辻監督は「球威があって変化球のキレがあるんだから、コンパクトに打っていかないと。振ったから三振でいいとかは1ミリも思ってない」と苦言を呈した。

 これでソフトバンクとの6連戦を1勝4敗で負け越しが決定。連敗脱出へ、指揮官は「まだ1勝しかしてないから、明日また頑張ります」と気持ちを切り替えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請