【ヤクルト】小川泰弘8回途中まで力投も援護なく カード2戦目は今季初黒星

8回無死満塁から大島に勝ち越しの右前2点打を許して降板する小川泰弘(中)
8回無死満塁から大島に勝ち越しの右前2点打を許して降板する小川泰弘(中)

◆JERAセ・リーグ公式戦 中日3―1ヤクルト(1日・ナゴヤD) 

 ヤクルトは終盤に勝ち越され、今季10勝2分けだったカード2戦目に初めて黒星。4度目の連敗で、5カードぶりの負け越しが決まった。

 小川の力投も白星には結びつかなかった。初回に1死三塁からビシエドの三ゴロで広岡が一塁悪送球して先制点を献上。3試合ぶりに先制を許したが、4回に2死二塁から村上が同点の適時打を放った。中盤はこう着状態が続いたが、8回に自身の失策も絡んで小川が勝ち越しの2点を許し、8回途中3失点(自責点1)で初黒星を喫した。

 打線は勝野を攻略できず、4安打1得点。高津監督は「小川はあそこの100球近くなったところでもうひと踏ん張りかな。球自体もすごく良かったし、コントロールも良かったし、初回の入り方さえしっかりしておけばスイスイと行けた感じだったかな。(打線は)高めの真っすぐと低めの変化球と絞り切れなかった。反省して、明日はぜひ打つ方でピッチャーをカバーしてあげたいと思います」と切り替えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請