【オリックス】田嶋大樹が6回5安打2失点粘投も2勝目ならず「最低限の役割果たせた」

6回2失点で降板したオリックス・田嶋
6回2失点で降板したオリックス・田嶋

◆パ・リーグ 日本ハム―オリックス(1日・札幌ドーム)

 オリックスの田嶋大樹投手(23)が6回5安打2失点の粘投も、打線の援護なく2勝目を逃した。5回まで相手先発のバーヘイゲンとともに、スコアボードに「0」を並べ続ける緊迫した投手戦を展開したが、6回2死満塁から渡辺に左前適時打を浴びて初失点。さらに続く横尾に死球を与えて、この回に2失点した。

 7回からは2番手の吉田凌にマウンドを譲った左腕。「調子自体もよかったですし、特に3回から5回は自分のやりたいフォームで投げられていたと思います。6回2失点で先発として最低限の役割を果たせたことはよかったと思いますが、6回の場面は慎重になりすぎてしまいました。先制点を許してしまったことは反省しなければいけませんし、失点を怖がらずにもう少し大胆に攻めていかなければいけなかったと思います」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請