【和歌山】ドラフト候補の智弁和歌山・小林樹斗が7球団に猛アピール 平田晃将が逆転満塁弾で8強入り

6回から登板した智弁和歌山・小林樹斗
6回から登板した智弁和歌山・小林樹斗

◆高校野球代替大会 ▽和歌山3回戦 智弁和歌山7―4市和歌山(1日・和歌山市紀三井寺)

 今秋ドラフト候補の智弁和歌山・小林樹斗(たつと)投手(3年)が6回から登板。4回を5安打4奪三振1失点で抑え、勝利に貢献した。「最後に点を取られたところが反省点」と振り返った。

 プロ7球団10人のスカウトが視察に訪れるなか、この日の最速は149キロをマークした。広島・鞘師スカウトは「真っすぐにキレも力もある。強弱をつけて投げられている」と高評価だった。

 1点を追う6回。1死から四死球と単打で満塁となり、打席には「9番・三塁」で先発した平田晃将(こうすけ、3年)が立った。フルカウントに追い込まれた6球目をフルスイング。高くあ上がった打球はそのまま左翼の芝に吸い込まれ、逆転満塁弾となった。「外野に上がったなと思って走ってたら入ってうれしかった」と笑顔でホームを踏んだ。チームの大黒柱と強力打線で8強入りを手にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請