ダルビッシュが今季初勝利、6回86球を2安打7K無失点

試合前にキャッチボールするダルビッシュ(ロイター)
試合前にキャッチボールするダルビッシュ(ロイター)

◆メジャーリーグ カブス6―3パイレーツ(31日、リグレー・フィールド)

 カブスのダルビッシュ有投手(33)が7月31日(日本時間8月1日)、本拠リグレー・フィールドで行われたパイレーツ戦に先発し、今季初勝利を挙げた。

 秋山翔吾外野手所属のレッズ戦が雨で中止となってスライド登板となったこの日、パイレーツ打線を初回から圧倒した。

 1回先頭打者に四球を与えたが、チャレンジの結果、けん制アウトになって乗った。2回と5回にシングルヒットを許しただけの6回を86球を投げ2安打無失点。4回には2番ニューマンから3者三振に仕留めるなど計7個の三振を奪った。

 6回2死からはニューマンにピッチャー返しの痛烈な打球を臀部に受けたが、はね返った打球が飛んだ方向を見て「ショート」と叫び、遊撃手が処理してアウトにする場面もあった。

 ダルビッシュは今季は登板の25日のブルワーズ戦で、4回を投げ6安打3失点で敗戦投手になっていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請