ウィザーズ・八村塁 チーム最多21得点も再開初戦は黒星 「負けを学んで次の試合にいかしたい」

チーム最多21得点をあげた八村(ロイター)
チーム最多21得点をあげた八村(ロイター)

 NBAのウィザーズに所属する八村塁(22)が7月31日(日本時間8月1日)、新型コロナウイルスの影響で4か月以上もの中断を経て、再開したシーズンの再開初戦・サンズ戦に先発出場。29分47秒プレーし、チームトップの21得点、8リバウンドだった。試合は112―125で敗れた。

 八村は試合開始1分30秒過ぎ、フリースローを獲得し、2本とも沈めて初得点。直後には左45度の角度からのミドルシュートを決め、さらに自ら放ったシュートのオフェンスリバウンドをつかみ、ゴールにねじこむなど、試合開始約2分半で6得点。しかし、その後はファウルを立て続けに取られ、第1クオーター(Q)残り8分35秒でベンチに下がった。第2Q途中に再び登場するも、ミスが目立ち、前半は8得点だった。

 第3Qは、レイアップシュート、フリースローなどで得点。最終Qにはドライブから、ファウルをもらってシュートを決めるなど、得点を重ねたが、再開後初戦を白星で飾ることはできなかった。

  • 試合後、オンラインで取材に応じた八村塁
  • 試合後、オンラインで取材に応じた八村塁

 試合後、オンラインで取材に応じた八村は「久しぶりに試合ができてうれしい。試合は負けてしまったが、この負を学んで次の試合にいかしたい。序盤で(ファウルトラブルで)僕のリズムも崩れてしまった」と振り返った。

 次戦は2日(日本時間3日)にネッツと対戦する。

 ◆NBA再開後の日程

プレーオフ(PO)進出圏内の東西各カンファレンス8位までと、そこから6ゲーム差以内の22チームが集結。8試合を戦った後、POが行われる。選手が新型コロナウイルスに感染した場合、NBAと選手会によって確立された規定に沿って、隔離される。

チーム最多21得点をあげた八村(ロイター)
試合後、オンラインで取材に応じた八村塁
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請