【広島】森下暢仁、初の巨人戦で6四死球2敗「次、しっかり投げます」借金6最下位に

4回、2本の適時打を浴び、マウンドに集まる森下暢仁
4回、2本の適時打を浴び、マウンドに集まる森下暢仁

◆JERAセ・リーグ 巨人2―1広島(31日・東京ドーム)

 森下が初の巨人戦で粘った。

 自己最悪の6四死球も5回を2失点。今季最少の3安打と援護に恵まれず、2敗目を喫した。大瀬良の離脱で役割が大きくなるドラ1右腕。「どの試合でも責任感を持っている。次、しっかり投げます」。4カード連続で初戦を落とし、7月は7勝15敗3分け。1点差試合は今季6戦全敗で、借金も最多の6に逆戻り。最下位に転落した佐々岡監督も「(投打の)かみ合わせの悪さがある。辛抱していくしかない」と必死だ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請