【尾車親方の目】照ノ富士、残り2日越えなくてはならない壁…くせ者の正代と御嶽海

寄り切りで朝乃山(左)を破る照ノ富士
寄り切りで朝乃山(左)を破る照ノ富士

◆大相撲七月場所13日目 〇照ノ富士(寄り切り)朝乃山●(31日・両国国技館)

 1敗で並ぶ結びの新旧大関対決は、序二段からはい上がってきた幕尻の照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が、新大関・朝乃山(26)=高砂=を寄り切って単独トップに立った。両膝負傷や内臓疾患などで関取の座すら失った元大関は、一時は引退も考えたが、師匠・伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)の説得で思い直して再出発。不屈の魂で幕内土俵に戻ってきた。14日目に照ノ富士が勝ち、朝乃山が敗れると、2015年夏場所以来、自身5年ぶり2度目となる史上最大のカムバックVが決まる。

 * * * *

 右の相四つ。がっぷり四つになることは予想できたが、照ノ富士の左上手の位置がポイントになった。手前をさばくようにして前まわしをつかんで、休まずに攻め続けた。逆に朝乃山は下手投げで崩そうとしてが、投げを打つ度に腰が浮いた。最後は左上手を離して勝負ありだった。

 朝乃山は当たってすぐに左上手を取りにいった。「俺は大関、がっぷり四つで勝負してみせる」との意地があったのか。しかし、同じ右四つで地力のある照ノ富士には通用しない。このコラムでも何度も書いてきたが、右肩で鋭く当たって照ノ富士の体を起こしてから左上手を取るべきだった。立ち合いとがっぷり四つを選択したことが、結果的には失敗だったといえる。

 残り2日、照ノ富士にはまだ越えなくてはならない壁が存在する。対戦相手を見ると、14日目が正代で千秋楽が御嶽海か。正直、照ノ富士にとって朝乃山はやりやすい相手でもあった。しかし、この2人は予想以上にくせ者である。(スポーツ報知評論家)

取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請