白鵬が休場、負傷の右膝悪化「自分の体に向き合い治療します」

白鵬
白鵬

◆大相撲七月場所13日目(31日・両国国技館)

 横綱・白鵬(35)=宮城野=が13日目の31日、日本相撲協会に「右膝半月板損傷、膝蓋大腿(しつがいだいたい)じん帯損傷、関節内血症で今後約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。白鵬の休場は15度目で、十両以上は5人目。

 師匠・宮城野親方(元幕内・竹葉山)によると、4日目の隆の勝戦で古傷の右膝を痛めた。痛み止めの注射を打つなど治療しながら出場を続けたが、12日目の御嶽海戦で突き落とされた際に悪化。13日目の対戦相手だった正代は不戦勝となった。白鵬は部屋関係者を通じて「今はただ、一日も早く土俵に戻れるよう、新しいけがと自分の体に向き合い、治療します」とコメントした。

 鶴竜も2日目から休み、今年初場所以来の横綱不在となった。カド番を脱出した大関・貴景勝も12日目から休場で、2横綱2大関のうち出場は新大関・朝乃山だけとなり、大関以上の力士同士の対戦がなくなった。

取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請