鈴木みのる、永田裕志との同い年合計104歳対決制す「おまえの攻撃は一つも痛くねえんだよ」…新日・後楽園ホール大会全成績

永田裕志(左)との52歳同い年対決で強烈な張り手をたたき込む鈴木みのる(新日本プロレス提供)
永田裕志(左)との52歳同い年対決で強烈な張り手をたたき込む鈴木みのる(新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「SUMMER STRUGGLE 2020」大会(31日、東京・後楽園ホール、観衆482人=札止め)

 メインイベントのスペシャルシングルマッチで高校レスリング部時代からの因縁がある永田裕志(52)と鈴木みのる(52)が合計104歳対決。ゴツゴツの打撃ファイトを展開も最後は鈴木が必殺のゴッチ式パイルドライバーで3カウントを奪い、6月の「NEW JAPAN CUP2020」1回戦で敗れた雪辱を果たした。

 試合後、マイクを持った鈴木は「おまえの攻撃は一つも痛くねえんだよ、バーカ」と、永田を“口撃”。バックステージでも「きさまの燃えカス、それを大事に燃やして余生を過ごせ。もう2度と会うことはないだろう。クソ野郎。消えてなくなれ」と絶叫した。

 ▽8人タッグマッチ20分1本勝負
 〇矢野通、YOSHI―HASHI、石井智宏、後藤洋央紀(9分59秒 横入り式エビ固め)田口隆祐、小島聡、ゲイブリエル・キッド、辻陽太●

 ▽タッグマッチ20分1本勝負
 〇SANADA、鷹木信悟(10分57秒 Skull End)真壁刀義、本間朋晃●

 ▽10人タッグマッチ30分1本勝負
 〇エル・デスペラード、タイチ、ザック・セイバーJr.、金丸義信、DOUKI(14分11秒  ピンチェ・ロコ→体固め)飯伏幸太、棚橋弘至、天山広吉、マスター・ワト、上村優也●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負
 〇SHO、オカダ・カズチカ(10分38秒  腕ひしぎ十字固め)高橋裕二郎、外道●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負
 〇EVIL、石森太二(9分53秒 Scorpion Deathlock)内藤哲也、BUSHI●

 ▽スペシャルシングルマッチ60分1本勝負
 〇鈴木みのる(20分36秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)永田裕志●

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請