JOCアスリートミーティングで組織委が準備状況を説明…沢野大地アスリート委員長「簡素化に対して具体的な説明が聞けた」

アスリートミーティングに参加した三宅宏実
アスリートミーティングに参加した三宅宏実

 日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は31日、オンライン上で東京五輪を目指す選手対象の「アスリートミーティング」を開催した。

 アスリートの現状の意見交換や、東京五輪組織委員会の準備状況の説明と質疑応答などが行われた。組織委からは五輪簡素化などについても方向性が説明され、沢野大地・JOCアスリート委員長は「簡素化に対して具体的な説明を聞けたので、非常に明確になった。開催へどういう準備をするか聞けたのは良い機会だった」と振り返った。

 この日は、19競技の61人が参加。重量挙げ女子で五輪2大会連続メダルの三宅宏実(いちご)は「Zoom上で久しぶりにお顔を拝見できた選手もいた。現状も聞くことができたし、お顔を拝見することでホッとできた」と率直な思いを吐露した。

 新型コロナウイルスの感染拡大は歯止めがかからず、競技によっては試合再開のめどが立たないものもある。新体操女子の皆川夏穂(イオン)は「(組織委の話などを聞いて)来年へ最善の準備をするだけだと確信できた。東京五輪が開催されるときには自分が一番いい状態で五輪に臨めるように練習していきたい」と前向きに話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請