【Vリーグ】北海道が元全日本主将で北京五輪代表・越川優の入団を発表…ビーチ活動も継続

ヴォレアス入団が決まった越川(クラブ提供)
ヴォレアス入団が決まった越川(クラブ提供)

 バレーボール男子V2のヴォレアス北海道は31日、元全日本男子主将で08年北京五輪代表のアウトサイドヒッター越川優(36)=189センチ、91キロ=の入団を発表。背番号は「0」。3日に旭川市内で入団会見を行う。

 越川は、跳躍力を生かした豪快なジャンプサーブとアタックを武器に、長く全日本のエースを務めた。石川県出身で岡谷工高(長野)で高校総体、国体優勝を経験。高校在学中に全日本男子入りし02年釜山アジア大会銅メダル、卒業後はサントリー入り。05年アジア選手権ではベストスコアラーとなり優勝に貢献。08年北京五輪に出場。イタリアのセリエAを経験し日本に復帰。14~15年には、JTのVプレミアリーグ初Vの原動力となり、MVPに輝いた。17年5月からはプロのビーチバレー選手に転向し活動してきた。

 V1昇格を目指すヴォレアスの元全日本代表・古田史郎主将(32)らから熱心な勧誘を受け、3年ぶりのインドア復帰を決めた。越川はクラブを通し「ヴォレアスが目指す日本一のチーム、世界一のクラブに一歩でも近づけるお手伝いが出来ればと思い、入団することを決意。年齢は36歳とベテランの域に入ってきましたが、気持ちはまだまだ若い選手に負けるつもりはありません。成長段階のこのクラブと共に、私個人としても更に成長できるよう頑張っていきます」とコメント。ビーチ活動も継続していく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請