サニブラウン、練習拠点を同じフロリダ州のクラブに変更…「新たな環境でトレーニングを行い、五輪にのぞめる準備をしたい」

サニブラウン・ハキーム
サニブラウン・ハキーム

 陸上男子100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が、練習拠点を大学からフロリダ州ジャクソンビルの「Tumbleweed Track Club」に変更した。30日、所属事務所が明らかにした。

 サニブラウンは17年秋にフロリダ大に進学。19年6月に100メートル日本新記録の9秒97をマーク。同年11月に、大学に在学しながらプロ転向することを決断した。サニブラウンは所属事務所を通じ「東京五輪が1年延期した事により、新たな環境でトレーニングを行い、五輪にのぞめる準備をしていきたいと思います」とコメントを発表した。

 「Tumbleweed Track Club」は、昨秋のドーハ世界陸上で男子三段跳びのC・テイラー(米国)が金メダル、男子200メートルのA・デグラッセ(カナダ)が銀メダルに輝くなど、強豪のプロチームとして知られる。コーチは、サニブラウンが17年春に東京・城西高を卒業した後、同年秋のフロリダ大入学まで指導を仰いだレイダー氏が務めている。同年ロンドン世界陸上200メートルで最年少ファイナリストとなった際の恩師と、再びタッグを組むことになった。

 所属事務所によれば、フロリダ大での学業は卒業まで継続するものの、来夏の東京五輪を見据えて一度休学し、練習に集中する考えという。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請