久保建英、新天地候補にオサスナが新たに浮上 地元紙が報道

久保建英
久保建英

 スペイン1部Rマドリードの日本代表MF久保建英(19)の来季去就について、同1部オサスナが移籍先に新たに浮上したと29日付けのスペイン紙「アス」が報じた。

 久保の新天地をめぐり、地元メディアによる報道は過熱。今季のリーグ戦で4位に入り、来季の欧州CL出場権を獲得している同1部セビリアが有力視されていたが、同紙は「ベティス、グラナダ、オサスナが先頭に立つ」とし、セビリアは条件面で折り合わず「事実上除外されている」と伝えている。

 また同紙によると、久保側はシーズン40試合に出場できることなどコンスタントに出場機会を得られる環境を望んでいるが、クラブ100周年を迎えるオサスナは中心選手として起用することを条件に獲得に乗り出しているという。オサスナは3シーズンぶりに1部昇格を果たした今季、リーグ戦を10位で終えた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請