【札幌】Aロペス合流即試合出場志願 コロナでブラジル帰国→日本で2週間経過観察→25日札幌入り

29日に全体練習に合流しシュートを放つ札幌FWアンデルソンロペス
29日に全体練習に合流しシュートを放つ札幌FWアンデルソンロペス

 J1北海道コンサドーレ札幌FWアンデルソンロペス(26)が29日、宮の沢で行われた全体練習に合流した。新型コロナによるリーグ中断期間中の5月14日、母国ブラジルにいる妻子の安否確認のため帰国。今月11日に再来日後、千葉・成田市のホテルでの2週間の経過観察を終え、25日に札幌入り。2日間のオフが明けたこの日、仲間とともに2か月半ぶりに汗を流した。「戻って来られてうれしい。同時にモチベーションも高まっている」。笑顔を見せながら、そう復帰を喜んだ。

 当初は5月中に日本に戻る予定も、ブラジルは世界で2番目に多い248万人を超える感染者(29日時点)が出ていることから、再入国できずにいた。クラブの交渉も実って叶った待望の再来日に「いつも通りにみんなが笑顔で迎え入れてくれて。選手やスタッフに感謝してる」と頭を下げた。

 チームとは離れていたが、出陣態勢は整っている。自宅のあるポルトアレグレ市は、ロペスの滞在時はコロナの影響も少なかったため、契約する個人トレーナーとほぼ毎日、ジムと近くの公園でトレーニングを続けてきた。「状態が落ちないように追い込んでやってきた」。再来日後もホテル内のジムで体を動かし、体調管理に努めてきた。「いい準備はしてきたので」。そう自信に満ちた表情を見せた。

 復帰メドも明確にした。「今すぐにでもチームに貢献したい気持ち。決めるのは監督だが、出来れば神戸戦でと思っている」と、8月2日の札幌ドームでの戦いを照準に定めた。「高い目標を達成したいから」。目指す2位以内へ、自身の力を一日でも早く注ぎにいく。(砂田 秀人)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請