斎藤工が感慨「コロナがなかったらこの映画作ることはなかった」

斎藤工と、のん
斎藤工と、のん

 俳優の斎藤工(38)が28日、都内で主演映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語―劇場版―」(31日公開・岩井俊二監督)の公開直前イベントに出席した。

 新型コロナウイルスと戦ってくれるというカプセル怪獣を買ったサトウタクミ(斎藤)が日々、怪獣を育てる物語。通販で宇宙人を買ったという丸戸のん(のん)、コロナで無職になったオカモトソウ(武井壮)らも登場する。斎藤は「コロナがなかったらこのメンバーでこの映画を作ることはなかった」と感慨深げに話した。

 緊急事態宣言での外出自粛中の行動が話題になるとハーフパンツ姿の武井は「能力を伸ばしたくてトレーニングをしまくったら5キロやせて仕上がった。いい感じに下半身が成長しました」と太ももに力を入れると、報道陣から感嘆の声が起きていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請