八村塁、再開前最後の練習試合は敗戦もチームトップの19得点 シーズンへ「切り替えたい」

八村塁
八村塁

 NBAでは27日(日本時間28日)、米フロリダ州で練習試合が行われ、ウィザーズの八村塁(22)はすでにプレーオフ(PO)進出を決めているレイカーズ戦に先発出場。116―123で敗れたものの、28分15秒プレーし、チームトップの19得点、3リバウンド、3アシストだった。

 八村は第1クオーター(Q)、2―2の残り10分06秒に、この日最初の得点となる3点シュートを沈めると、第2Q終盤には、オフェンスリバウンドからダンクシュートを決めた。前半はチームトップの11得点をマーク。後半も果敢にゴールに向かい、第3Qは得意のミドルシュートなどで得点を重ねた。最後は7点差で敗れ、「チームが一丸となってスコアしていくことは良かったんじゃないかなと思う。ディフェンスの部分で甘かった」と振り返った。

 30日(日本時間31日)から始まるシーズン再開前、最後の練習試合が終了。ナゲッツ、クリッパーズ、レイカーズといずれも、西カンファレンストップ3に入る強豪相手に3連敗だったが、八村個人としては、3戦連続2ケタ得点をマークした。ウィザーズは7月31日(日本時間8月1日)にサンズとの再開初戦を迎え、「次は公式戦が始まるので、2~3日の練習で集中して切り替えていきたい。サンズも速攻とかでもすごい勢いがあるチーム。ディフェンスの部分ではそこを意識してしっかりやる。オフェンスはみんなでボール回しをして積極的にやっていく」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請