【記者の目】コロナ禍におけるJリーグ運営「移動の可否」にも共通見解が必要

 Jリーグの公式戦が、新型コロナ禍で初の中止となった。リーグは26日、この日に予定された広島対名古屋(Eスタ)の中止を発表した。24日の新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示した名古屋DF宮原和也(24)に加え、25日の検査でMF渡辺柊斗(23)とトップチームスタッフの陽性判定が判明。新たな陽性者2人の濃厚接触者の特定が試合開始直前までかかるため、リーグとクラブで協議して決めた。代替日は未定。村井満チェアマン(60)は、リーグのコロナ対策ガイドラインの修正を示唆した。

  • 新型コロナウイルスに感染した主なJリーガー
  • 新型コロナウイルスに感染した主なJリーガー

 今後のリーグ運営に大きな影響を与える事例となった。名古屋市の保健所は、宮原の濃厚接触者はクラブ内にいないとしており、今回の2人は別ルートで感染したことになる。だがこの2人も感染経路は不明で、クラブ内で感染が広がった可能性も捨てきれない。改めてスポーツにおける濃厚接触者の定義が難しいことが示された。

  • 名古屋の陽性反応が出た3人の行動履歴
  • 名古屋の陽性反応が出た3人の行動履歴

 また全選手の結果が判明する前に移動したことについても再考の余地はある。名古屋は検査で陰性だった16選手とスタッフ1人が25日の最終の新幹線で広島に移動。試合に向けては前日移動が必要ではあったが、今季の試合実施要項の第13条3項3号に、試合にエントリーするためには「いわゆる濃厚接触者の認定や入国制限地域からの入国等により、公的機関から自宅待機等の指示を受けている状態でないこと」と記されている。結果的に濃厚接触者はいなかったが、今回のケースを教訓に移動の可否についても共通見解が必要となる。

新型コロナウイルスに感染した主なJリーガー
名古屋の陽性反応が出た3人の行動履歴
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請