【横浜M】ドイツ移籍でラストマッチのMF遠藤渓太は左太もも負傷で途中交代…

遠藤渓太
遠藤渓太

 横浜Mは26日、敵地で札幌に1―3で敗れた。ドイツ1部のウニオン・ベルリンに期限付き移籍するMF遠藤渓太は前半17分に左太ももを負傷し、途中交代。移籍前のラストマッチで、思わぬハプニングに見舞われた。

 最初のプレーで負傷したという遠藤は「このままプレーしたらチームに迷惑かけてしまう。最後の試合という気持ちがあったが、チームの力になれなくてもいけないと交代した」と振り返った。幸いにも「大事には至らなさそう」で、「準備を怠ってきたわけではないので、向こうにいってもこういうことはあると思って、受け止めていきたい」と不完全燃焼に終わりながらも、気丈にコメントした。

 また1点目を決めたMF天野純は「悔いのないように表現して欲しい。良い調子の時も使われなかったり、彼の悔しい思いを見てきた。それを反骨心に変えて移籍を勝ち取った。メンタルの部分成長したと思う」と背中を押した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請