八村塁、練習試合で“ダブルダブル”「力強くプレーできている」…チームは逆転負け

八村塁
八村塁

 NBAでは25日(日本時間26日)、米フロリダ州で練習試合が行われ、ウィザーズの八村塁(22)はクリッパーズ戦に先発出場。100―105で敗れたものの、27分38秒プレーし、15得点、10リバウンドの“ダブルダブル”だった。

 八村は第1クオーター、残り11分23秒、ドリブルでゴール下まで押し込み、前戦のナゲッツ戦に続き、チーム初得点を挙げ、立ち上がりから好スタート。攻撃からチームをけん引し、前半で9得点を挙げた。

 すでにプレーオフ進出を確実としているクリッパーズに、61―58とリードを奪って後半へ。八村は第3クオーター残り6分2秒には両手でダンクシュートを決め、73―64とリードを広げるも、チームは第4クオーターに逆転を許し、敗れた。後半は「オフェンスでシュートが入らなかった。シュートセレクション(選択)でも甘いところがあった」と振り返った。

 練習試合も3分の2が終了し、「コンディションはいい。チームもみんな走れている。ぼくも力強くプレーできている」と八村。次は27日(日本時間28日)にシーズン再開前、最後の練習試合となるレイカーズ戦となる。

 シーズンは30日(日本時間31日)から再開し、ウィザーズは7月31日(同8月1日)のサンズ戦が再開初戦となる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請