“過激コメ”で注目された尾上松緑の素顔。過去に「歌舞伎が憎い」発言。その真意は…

尾上松緑
尾上松緑

 新宿の劇場で起きた新型コロナウイルスのクラスター現象に、ブログで怒りをあらわにして注目された歌舞伎俳優・尾上松緑(45)。演劇担当記者の間では、松緑のブログが時々、刺激的な内容になることは、それなりに知られていた。基本的にまっすぐで熱い人間なのだろう。

 松緑は、父(初代尾上辰之助、87年没)、祖父(2代目松緑、89年没)を早くに失い、14歳で「劇界の孤児」となった。名門であっても歌舞伎界で生きていくためには後ろ盾は不可欠とされる。計り知れない孤独と闘いながら歩んできた。

 2017年のインタビュー。ポツンと「歌舞伎が憎い」と言った。真意を計りかねていると、「(大きな名跡の)松緑という名前は正直、まだ自分にふさわしくないと思うことがある。祖父、父に本当に申し訳ない。親不孝、祖父不幸な役者なんです」と悔しさをにじませ、自分を責めた。

 そしてこう続けた。「役者仲間や先輩で『歌舞伎が大好き』と言える人がうらやましいんです」といい、「責任を持つ大変さ、つらさ。僕も歌舞伎は好きです。でもそれと同じくらい憎いんです。でも自分で選んだ道。もがいて、もがいてやっていくしかありません」。

 ストレートな表現を活字にするとき、誤解を招きかねないことがある。しかし、こちらの不安を見透かしたかように「そのまま、厳しく好きに書いてもらって構いませんので」とも言った。こういう生き方しかできない人なのかもしれない。今回のブログ発言で「尾上松緑」を知った人もいるだろう。どんな役者なのか。実際の舞台を見てみれば、また違った発見ができるでしょう。(記者コラム)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請