東京2020まで1年 競泳・渡辺一平が見つめ直す五輪の意義「もっと深く理解する必要がある」

渡辺一平
渡辺一平

 競泳200メートル平泳ぎの前世界記録保持者・渡辺一平(23)=トヨタ自動車=が東京五輪まであと1年となった25日、自身のインスタグラムを更新した。

 コロナによる自粛期間に五輪の意義についても改めて考えたという渡辺は「卓越」「友情」「敬意」という、国際オリンピック委員会(IOC)が定義する五輪の3つの価値を引用。「オリンピックとは。オリンピック・ムーブメントとは。アスリートである僕は、もっと深く理解する必要がある」とつづった。

 「スポーツには活気を生み出す力がある」と話していた渡辺。さまざまな世論がある中で、五輪の根本的な意味を見つめ直しているようだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請