【DeNA】上茶谷大河「走者を背負った状況が課題」今季初登板は6回4失点で初白星ならず

6回1死一塁、ホセ・ピレラに左中間への逆転5号2ラン本塁打を打たれた上茶谷大河
6回1死一塁、ホセ・ピレラに左中間への逆転5号2ラン本塁打を打たれた上茶谷大河

◆「JERAセ・リーグ公式戦」DeNA―広島(24日・横浜)

 DeNAの上茶谷大河投手(23)が今季初先発し、6回9安打4失点で降板。今季初白星はならなかった。

 2年目の今季は右肘の炎症で開幕直前に離脱。2軍での登板を重ね1軍のマウンドに戻ってきた。

 初回1死二塁から鈴木の中前適時打で1点を先取された。1点リードの3回2死一、二塁では松山に右前へ同点適時打を浴びた。

 4、5回は4者連続三振など完璧に抑えたが1点を勝ち越してもらった直後の6回、1死一塁、ピレラに甘く入ったフォークをとらえられ、左中間へ逆転2ランを被弾。この回で交代した。上茶谷は「序盤は全体的に高かったですが、変化球を低めに集めることを意識して5回までは最少失点で抑えることができたと思います。しかし、6回のピレラ選手の場面は、ストライクを取りにいってしまったところ、本塁打を許してしまいました。走者を背負った状況での投球が課題なので、特に得点圏で丁寧に投げられるよう調整したいと思います」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請