馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

進めていきます(栗東)

 こんにちは、山本です。お久しぶりのパッチパチは梅田の会社から。早速、行ってみましょうか♪

 さて、今週から3週間は関西圏での競馬がない2場開催。予想はしていたのですが、本日は今までに経験したことがないほど、仕事の少ない内勤です。地元で競馬をしていると、色々と細かい原稿が多いので、当ブログに取りかかるのが早くで午後3時あたりになるんですが、もう午後1時前あたりにはゴールが見えている状態。何とも言えない違和感があります。

 つい、先日のことだったか。栗東にいる関西馬が非常に少なく、取材もスムーズにいったため、早々と仕事が終わった追い切り日があったのです。ただ、そこで記者仲間たちと話しつつ、陥っていたのが今日と同じ感覚。普段は散々、仕事が多いだの、忙しいだのと愚痴っているのに、いざ少なかったら少ないで、何か変な不安を感じるのです。えっ、今日はこれでいいのか、という…。ワタクシ、決してワーカホリック、労働中毒になるほど仕事を突き詰めているわけじゃありませんが、こんな状態をもうちょっと心から楽しめるようにならないとイカんよなぁ。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。新潟5Rの新馬には中内田厩舎から【ダノンランディ(牡、父ロードカナロア、母インディアナギャル)】が出走します。あのダノンプレミアムの半弟になりますね。「追い切り本数は足りています。兄と比較するまではどうかも、真面目な性格で変な癖はなく、調教もきっりとこなしてきた」と猿橋助手。この時期にデビューを迎えられる「早さ」は兄に通ずるモノですし、初戦からどんな走りをするのか。

 その中内田厩舎でデビュー戦を快勝した【ジャカランダレーン(牡、父ラブリーデイ)】はダリア賞で連勝を狙います。鞍上は引き続き福永J。「前走後も順調に乗り込めています。オープンでどういった競馬をしてくれるか楽しみですね」と猿橋助手が話している通り、デビューVと同じ距離での好走を期待しているようでした。ここは先週の更新分でも触れた、中内田厩舎のクラヴァシュドールの下になる大久保厩舎の【ノースザワールド(牡、父ディープインパクト、母パスオブドリームス)】との対戦にも注目ですね。

 ここには音無厩舎でレッドアンシェルの下になる【レッドフランカー(牡、父リアルインパクト、母スタイルリスティック)】が出走しますが、生野助手は慎重なトーン。「しっかり仕上がっているとは思いますけど、追ってから体をうまく使えない面があるんですよね」とのこと。徐々に競馬を覚えていくような感じでしたね。

 音無厩舎では今週のゲート試験で【サトノマジェスタ(牡、父ハーツクライ、母ノーブルステラ)】が今週のゲート試験で合格して、一度放牧に出されました。あと、近いうちにゲート試験に合格している【シュトゥルーデル(牝、父ディープインパクト、母ウィンターコスモス)】が戻ってきそうとのこと。あと、今週のCWコースで【インフィナイト(牝、父モーリス、母モルガナイト)】が非常に優秀な時計で走っていたんですよね。「楽に持ったままでしたからね。思ったより動けました。放牧から帰ってきて、しっかりしてきた感じがします」とこちらは来月9日、新潟芝マイルで予定している初陣へ向け、順調に仕上がっているようです。

 ここからPOG情報。明日、チョイと触れようと思っていしたが、今週までで栗東で最もゲート試験に合格している厩舎は友道厩舎で、実に22頭。合格した、ほとんどの馬が放牧に出され、デビューへ向けての英気を養います。

 昨日は半兄にダービー馬ロジユニヴァースを持つ【アドマイヤザーギ(牡、父ドゥラメンテ、母アコースティクス)】が合格したんですが、この馬はちょっと違っていました。「このまま進めていきます」と友道調教師は小倉か新潟でのデビューを目指し、調整を進めていくというのです。「体がしっかりしているし、最初の頃に比べてよくなっています。体は大きいけど、素軽さも出てきた」との素質を感じ取っている様子。この暑い時期でも進めていけるだけの体力が備わっているからでしょうし、今後どのような動きを見せるか、少し注目しています。あと、先週の新馬で3着だった【レッドジェネシス(牡、父ディープインパクト)】は続戦で、まずは初勝利を狙うようです。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

札幌9R・5ダノンセレスタ(前走は馬体に余裕があり、いかにも久々という感じのレース。上積みある2戦目で負けられない)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

新潟1R・9ピュアエール(12頭出しの強力ミルF軍団に、あえて対抗します笑。前走のダッシュはなかなかのモノ。この舞台は絶対にいい!)

新潟8R・1タガノカリュウド(前走は位置取りが厳しくなったが、最後の伸び脚は目を引くもの。スムーズなら好戦必至)

新潟10R・11ハーフバック(新潟を目標にしての投入。流れは落ち着きそうだが、一枚上の決め脚にかける)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請