吉村洋文知事、感染者数300超の東京に提言「重症病床の使用率がどうなのかを明記すべき」

吉村洋文知事
吉村洋文知事

 23日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、この日、東京で新たに過去最多の300人以上の感染者が確認されるなど、新型コロナウイルスの感染が再び各地で拡大していることを特集した。

 スタジオ生出演した大阪府の吉村洋文知事(45)は感染拡大の中の医療体制について、「東京でやった方がいいのは、重症病床の使用率がどうなのかを明記すべきだと思います。その街、エリア全体で重症者を受け入れる能力があって、どのくらいが埋まっているのかがないと、絶対数だけ言われても分からない。地方なら数人の受け入れで逼迫するケースもあるし…」と指摘。

 「東京で言うと、どのくらい受け入れ可能のベッド数があって、それが埋まっているのかをリアルタイムで公表するのが非常に重要です」と提言。「ベッドがあっても、お医者さんが対応できないと。絶対数よりも率の方が大事。国と東京都の間で食い違いが出ている根本にそれがあると思います」と指摘していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請