東京陸上選手権開幕 初日は男子100mにケンブリッジ飛鳥ら 新谷仁美は1500mに登場

東京選手権開催へ準備を進めるスタッフたち
東京選手権開催へ準備を進めるスタッフたち

 陸上の東京選手権が23日から4日間、駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われる。今月からシーズンインした陸上界。初日にあたるこの日は、男子100メートルなどが行われる予定で、16年リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストのケンブリッジ飛鳥(27)=ナイキ=らがエントリーしている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため無観客で行われるが、ライブ配信が実施される。報道陣にもフェイスシールドが配られるなど万全の準備で開催が実現した貴重な試合。多くの高校生もエントリーしており、熱い戦いが期待される。

 以下、第1日実施種目にエントリーした主な選手。

 ▽男子100メートル予選9組(午後2時20分、2着+6)

 第1組=藤光謙司

 第3組=高山峻野(ゼンリン)

 第9組=ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)

 ▽男子1500メートル予選5組(午後3時10分、2着+2)

 第1組=館沢亨次(DeNA)

 第3組=川元奨(スズキ浜松AC)

 ▽男子十種競技

 右代啓祐(国士舘クラブ)

 ▽女子100メートル予選5組4着+4(午後1時50分)

 第4組=福島千里(セイコー)

 ▽女子1500メートル予選2組(午前11時20分、4着+4)

 第2組=新谷仁美(積水化学)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請