伊野尾慧、ジャニーズ先輩の長瀬智也の退所に「個人的には松岡君からお話は聞いていた」

スポーツ報知
ジャニーズ事務所

 アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧が23日、木曜レギュラーのフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」(月~金曜・前5時25分)に出演した。

 番組では、ジャニーズ事務所がTOKIOの長瀬智也(41)が来年3月末でグループを脱退し退所すると発表したことを報じた。長瀬はファンクラブ会員向けに「芸能界から次の場所へ向かいたい」と報告。ジャニーズによると退所後は「裏方」に転身してクリエイターとして活動していく。

 1991年、13歳の時にジャニーズの門をたたいて、今年で約30年。長瀬はファンクラブ会員向けサイトで退所を報告。「5つの楽器の音となんて事のない言葉だけで心を動かすバンドの素晴らしさをジャニーさんが教えてくれました。どんな時も妥協せず一緒に頑張ってくれたメンバーや関係者、スタッフの方々。彼らが教えてくれた全てのことを大切に、来年の3月をもって芸能界から次の場所へ向かいたいと思います」などと、つづった。

 15歳からTOKIOとして過ごした26年間、ボーカリストとして数々の名曲を歌い、個性派俳優としても確固たる地位を築いてきた。その長瀬が「次の場所」として第二の人生に選んだのは「裏方」という道だった。

 裏方としての具体的な活動は明かさなかったが、ジャニーズは「培ってきた表現者としてクリエイティビティーを活(い)かし、ゼロから新しい仕事の形を創り上げていくことになりました」と説明した。今後はTOKIOとしてもほぼ全権を担っていた音楽制作、デザインなどのクリエイター業に専念するとみられる。

 同じ事務所の先輩となる長瀬の退所に伊野尾はスタジオで「僕、個人的には松岡(昌宏)君から事前に、めざましテレビに出演してコメントすることがあるかもしれないとお気遣いいただいてお話は聞いていたんですけど、それでも驚いたんですけど世間のみなさんは本当に驚いているんじゃないかと思います」とコメントした。

 さらに「長瀬君は、それこそいろんな活躍をされていて、その方が裏方で、どんな活躍をするのが、どんな活動するのか3月以降、楽しみではありますけど、まずは3月までTOKIOの活動がありますから、どういったことが語られるのか、どういった活動をするのか楽しみだな、見守りたいなと思います」と明かしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×