【オリックス】今季最大6点差逆転 吉田正尚が今季初4番で6号ソロ&反撃開始打

5回、楽天・涌井(右)から6号ソロを放ち、三塁を回るオリックス・吉田正
5回、楽天・涌井(右)から6号ソロを放ち、三塁を回るオリックス・吉田正

 今季初めて4番に据わった吉田正がミラクル逆転劇を演出した。まずは5回。そこまで無安打に封じ込まれていた涌井から、「ミスショットせずに捉えられた」とチームトップの右越え6号ソロで反撃の号砲を鳴らした。5点を追う8回1死一、二塁では右翼線へ適時二塁打。3得点の呼び水とし最終回のドラマを整えた。

 2点差の土壇場9回は今季初3番の大城が逆転打を放ち、吉田正は直後の申告敬遠で好機を広げて6得点のビッグイニングにつなげた。2安打2打点の数字以上の存在感を示したが「やることは変わらない。しっかりやっていくだけ」とクールに責任感をにじませた。

 1年後の東京五輪の侍候補だが「全く頭になかった。今はしっかりシーズンを戦い抜く」と、チームの勝利だけに焦点を当てる。新4番がけん引し、今季最大の6点差逆転で単独最下位を脱出。西村監督も「昨日、今日と勝ったのは大きいけど、あと4試合ある」とどん欲だった。(宮崎 尚行)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請