【阪神】糸原健斗、右手有鈎(こう)骨の骨折で長期離脱へ…球団発表 連続試合出場は「312」でストップか

1回1死、糸原健斗は遊ゴロに倒れる
1回1死、糸原健斗は遊ゴロに倒れる

◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神3―3広島(22日・甲子園)

 阪神は、糸原健斗内野手(27)が兵庫県内の病院を受診し、「右手有鈎(こう)骨の骨折」と診断されたことを発表された。

 この日は5回の打席で代打を送られて交代となったが、試合中のどこかで患部を痛めたとみられる。18年から2年連続全試合に出場していた鉄人だが、長期離脱は避けられない状況。連続試合出場は「312」で止まることが決定的だ。前日21日まで自己最長の12試合連続安打と絶好調だった主将の予期せぬ離脱は、チームにとって大きな痛手となる。

 今季はこの日含めて全26試合に出場し、打率3割1分、2本塁打、8打点。矢野監督は「健斗(糸原)はちょっと無理やろね。抹消になると思う」と説明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×