大淀が快勝し本線出場を決める!!全国の大舞台でもカツ!カツ!カ~ツ!…第51回日本少年野球選手権大会大阪北支部予選

選手権出場を決め大淀ナインは喜びのポーズ
選手権出場を決め大淀ナインは喜びのポーズ

◆第51回日本少年野球選手権大会大阪北支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 大淀ボーイズ6―2大阪東ボーイズ(19日・猪名川運動公園第3グラウンド)

 「リポビタンカップ第51回日本少年野球選手権大会」(8月8日~13日、大阪シティ信用金庫スタジアムほか)の大阪北支部予選は19日、代表決定戦が行われ大淀ボーイズが快勝し本戦出場を決めた。

 仲間の喝が力をもたらした。大淀が同点に追いついた直後の3回無死一、三塁。ベンチで田中から“愛のムチ”を受けて打席に入った西出主将は気合が入っていた。「あのカツで気持ちがたかぶった。前の打席でやられたコースを待っていた」。狙い通り外角直球を右前へ。逆転打を放ったヒーローは、一塁ベース上でうれしそうに頬をさすった。

 さらに緒方の中犠飛に、西出と関本が重盗を決め一気に4点を奪うと、6回には西浦が右越えへダメ押しのソロ本塁打。大一番で、一発だけでなく3安打3得点とチームをけん引した西浦は「打撃は絶好調! 監督、コーチと一生懸命練習したことが結果に出てうれしい」とこちらも笑顔だった。自粛期間中はチームのルールとして、毎朝6時に起床し、家の手伝いをすることを義務付けられたナイン。その規則を守ることによってナインは野球人として成長。「春の全国が中止になって悔しい思いをした。最後の夏は全員で、全力で、選手権を戦いたい」と西出。全国の大舞台でもカツ!カツ!カ~ツ!

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請