横浜流星、新型コロナ感染主演舞台中止 ドラマ共演の浜辺美波・観月ありさPCR検査結果待ち

横浜流星
横浜流星

 俳優の横浜流星(23)が新型コロナウイルスに感染していることが21日、分かった。所属事務所が公式サイトで発表した。

  • 流星の主な共演者
  • 流星の主な共演者

 現在入院中で治療を行っている。これに伴い、主演舞台「巌流島」の東京公演(8月6~11日まで明治座)の中止が決まった。

  • 新型コロナ感染主な著名人
  • 新型コロナ感染主な著名人

 横浜は20日夜、同舞台の稽古を終え、帰宅途中にけん怠感を感じたため検温した。発熱症状が見られたため、医療機関で抗原検査とPCR検査を受けたところ、20日深夜に抗原検査の陽性が判明した。舞台稽古直後の検温では、発熱はみられなかったという。

 PCR検査の結果はまだ出ていないが、21日昼頃に保健所から連絡を受け、病院と話し合いの上、抗原検査の陽性を受けて、新型コロナウイルスに感染したと判断された。

 同事務所は「多大なるご迷惑とご心配をお掛けしていることを、心よりおわび申し上げます」と謝罪。横浜について「病状の回復に全力で努めております。今後も医療機関、行政機関の指導の下、当人の体調管理を徹底してまいります」とコメントした。

 東京公演中止の理由について、舞台の公式サイトで「キャスト、スタッフ、お客様の安全を考え、また、今後の稽古続行は難しいと判断した」と説明。名古屋公演、高松公演、大阪公演、福岡公演は検討中という。伊藤健太郎(23)ら共演者の検査などは「保健所の指示を待つ」としている。

 横浜は、浜辺美波(19)とダブル主演する日本テレビ系連続ドラマ「私たちはどうかしている」(8月12日スタート、水曜・後10時)を控えている。関係者によると、同ドラマは第7話の途中まで撮影を終えているが、今後について、同局は「横浜さんの体調と、その他、撮影の条件が整うまで休止します」と説明。放送開始日については「検討中です」と話した。また、横浜は同局系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)の収録にも参加していたという。

 共演者が濃厚接触者に当たるかについて同局は「保健所の判断を仰ぐ」とした。共演シーンの多い浜辺、観月ありさ(43)の所属事務所はすでにPCR検査を受けており、検査結果を待っている状況という。

 ◆横浜 流星(よこはま・りゅうせい)1996年9月16日、神奈川県出身。23歳。2011年俳優デビュー。18年「兄友」で映画単独初主演。17年映画「キセキ ―あの日のソビト―」の「グリーンボーイズ」としてCDデビュー。19年TBS系「初めて恋をした日に読む話」でブレイク。その年の日経トレンディの選ぶ「今年の顔」、Yahoo!検索大賞「大賞」に選出。趣味は音楽鑑賞。特技は極真空手初段。血液型O。

横浜流星
流星の主な共演者
新型コロナ感染主な著名人
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請