【岩手】盛岡大付・大久保瞬、エースの仕事だ 同点4回2死から登板でノーヒット投球

4回途中から救援し、無安打投球をみせた盛岡大付・大久保(カメラ・有吉 広紀)
4回途中から救援し、無安打投球をみせた盛岡大付・大久保(カメラ・有吉 広紀)

◆高校野球 岩手代替大会 ▽準々決勝 盛岡大付11―4盛岡一=8回コールド=(21日・岩手県営)

 岩手準々決勝で盛岡大付が、盛岡一を11―4の8回コールドで下した。2番手で登板したエース右腕の大久保瞬(3年)が、3回1/3を無安打に抑える好投で流れを引き寄せた。花巻東は4番・水谷公省中堅手(3年)が7回に決勝打を放ち、黒沢尻工に2―1で競り勝った。

 躍動感あふれる投球で、試合の流れをグッと引き寄せた。4―4の4回2死一、二塁から救援登板した盛岡大付・大久保が、打者11人に対し無安打5奪三振。許した走者は1四球だけの力投で、同点にされた嫌な雰囲気を吹き飛ばすと同時にチームに勢いをもたらした。

 「自分が点を取られたら相手に流れがいくので、気迫で抑えれば、と思った」と大久保。その言葉通りにこの日最速144キロの直球を軸とした投球内容で、「気持ち的には(投球の)ほとんどがストレート」(大久保)と相手打線を力でねじ伏せた。大久保の投球に勇気をもらったかのように、打線は4回に打者10人の猛攻で5得点。その後も加点してコールド勝ちだ。

 関口清治監督(43)も「大久保が流れを切ってくれたことがその後の勢いにつながった」と評価。同点でのエース起用には、1年前の反省があった。昨夏岩手大会3回戦・一関工戦で、3―4と逆転された後にエースの阿部秀俊(現創価大)を投入もそのまま敗退。指揮官は「そのときの悔いが残っていて…。今は(先発の石井より)大久保のほうが状態がいいので」と、思い切った決断が吉と出た。

 今大会は試合ごとに登録メンバーが変えられるため、多くの3年生がベンチ入りしている。大久保は「ベンチに入るたびに違うメンバーで、新鮮だしうれしい」と笑顔。ともに汗を流してきた仲間たちと勝利を分かち合うつもりだ。準決勝は昨秋県決勝で対戦し、4―3で勝った花巻東との対戦。その試合は完投勝ちした大久保は、「(どんな起用でも)相手に流れをやらない投球がしたい」と力強く宣言した。夏の頂点に立つため、大久保が背番号1に恥じない投球でチームを救う。(有吉 広紀)

全国の試合結果

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請